2010年1月30日土曜日

回転カメラ アップデート版(ver 1.0.1)リリース!

本日、回転カメラのアップデート版(ver 1.0.1)をリリースしました。

日本語と英語に対応した、iPhone用無料アプリでApp Storeからダウンロードできます。


今回のアップデート内容はバグ修正のみとなります。
  • 低解像度の撮影時に広告やメッセージが写り込む場合がある問題を修正
  • 重ね撮りモード時シェイクで回転できない場合がある問題を修正
  • 予期せずクイックプレビューが表示される場合がある問題を修正
  • スリープからの復帰後ライブビューを回転できなくなる場合がある問題を修正
  • 回転モードオフの時に広告が表示されない問題を修正

回転カメラについて詳しくはこちらの記事をご参照ください。

RotaryCam 回転カメラをダウンロード


閑話休題1
今回、アプリ名に「回転+連写+重ね撮り」というのを入れてみました。さて、ダウンロード数にどの程度影響が出るか(笑)。

閑話休題2
「低解像度の撮影時に広告やメッセージが写り込む」問題なんですが、実は今回の修正で完璧に防げるかというと、断言できない部分があったりします。というのもこの問題、原因はiPhoneの画面更新の遅さ、にあったりするんです。

どういうことかというと、低解像度の撮影はiPhoneの画面をキャプチャーすることで実現しているんですが、アプリ側で画面を書きかえてから実際の画面表示が更新されるまで若干のタイムラグがあるんですよね。

なので、アプリでは画面が書きかわっている(広告やメッセージは消えている)つもりでいるのに実際にはかわっていない(消えていない)、という状況が発生する場合があるわけです。

この状況で画面をキャプチャーすると、消したはずの広告やメッセージが写り込んでしまう、と。

で、今回、シャッターボタンを押してから画面をキャプチャーするまでに0.1秒の遅延を挟むことで対応したんですが、これで全ての状況に対応できるのか、というと、正直やってみないとわからない、という部分があります。

一応、iPhone 3GS、3G、iPod touchの3機種でテストはしたので、まず大丈夫だとは思いますが、、、ハードウェアの個体差や利用状況の違いによっては・・・(^^;)。

あ、でも、ver 1.0.0より大幅に軽減されているのは間違いないです。はい。

関連する記事

0 コメント:

BlogPeople People