2009年1月31日土曜日

投票「iPhoneアプリ、いくらまでなら出す?」中間発表

さて、1/25より行っている投票「iPhoneアプリ、いくらまでなら出す?」ですが、開始から1週間経過ということで、中間発表です。



現在までの投票結果は上のグラフのようになっています。投票総数は262件。さすがに、当初の勢いのまま、とは行きませんでしたが(^^;)、それなりのサンプル数が集まっています。

予定通り、後1週間投票を実施し、2/7(土)で締切という形にしたいと思います。

サンプル数1,000件はちょっと無理っぽいですが、サンプル数500件はなんとか達成したいですね。まだ投票されていない皆様方、是非、投票をお願いします m(__)m。

投票:iPhoneアプリ、いくらまでなら出す?
又は、右サイドバーの投票パーツより

投票にご協力いただいているブログの皆様には、もう少しの間、よろしくお付き合いください m(__)m。

下記ブログにも投票にご協力いただいています。感謝!
覚醒する?Club D'z_iPhone 3G
リンゴが好きでぃす♪2.0
りんごとちょこのつれづれぐさ
かごおた
徒然ブログ
# うちのブログが抜けてるぞゴラァ(^^;)、という場合や、新しく協力してあげたよ、という場合は、是非コメントでお知らせください。

# 既に傾向は大分読み取れますね。評価とかは締切後に行うつもりですが、Magica的には、「ある意味予想通りだけど結構意外な結果」、ですかね。

続きを読む...

ポラロイドがiPhoneユーザーに援助を要請

TUAW(The Unofficial Apple Weblog)の記事より。ポラロイドのPoGoという製品をご存知でしょうか(右の写真)。

携帯電話やパソコンからBluetoothで写真をワイヤレス印刷できる、フルカラーモバイルプリンターなんですが、iPhoneのBluetoothはOPPプロファイルをサポートしていないため、残念ながらiPhoneでは使えません。


この状況を何とかしようと、ポラロイド社は、iPhoneユーザーに対し、“アップルのフィードバックフォームから「ポラロイドPoGoプリンターで印刷できるよう、iPhoneのBluetooth機能を強化して欲しい」という要望を送ってください。”とお願いしているそうです。
--- 上の記事より引用 ---
To encourage Apple to become compatible with the Polaroid Pogo printer, we are asking iPhone owners to submit an enhancement request form at the following link and to express their interest for better Bluetooth transfer capabilities including OPP profile so they can print to the Polaroid Pogo printer.

http://www.apple.com/feedback/iphone.html

Thanks in advance for your help!
---
ここで、ふと思い出したのが、「iPhone OS 2.3ではBluetoothでiTunesとの同期が可能になるだろう」という噂。

ワイヤレス印刷に使用されるOPPというプロファイルは、アドレス帳等のデータ交換(同期)にも使用されるんですよね。ひょっとすると、今回のポラロイドの動き、あの噂と何か関連があるのかなぁ、などと勝手に憶測してみたり。

まあ、PoGoを使うかどうかはともかく、プリンターや音楽再生に対応するよう、iPhoneのBluetooth機能は是非強化して欲しいと、Magicaも前から思っていたのですが、思いを同じくする人は、いい機会ですので、下記リンク先のフィードバックフォームから要望を送ってみてはいかがでしょうか。

アップル:iPhoneフィードバック

ちなみに、Magicaは、OPP(データ交換用)、A2DP(ステレオ音楽再生用)、AVRCP(AV機器リモコン操作用)プロファイルへの対応を要望しておきました(^^)。

続きを読む...

2009年1月30日金曜日

「時価」のMacBook用高級ウッド&レザーケース

GIZMODE JAPANより。iPhoneとは関係ない上に、MagicaはMacBookもMacBook Proも持ってないのですが、記事(の一部)が面白かったので。


15インチのMacBook、MacBook Proに対応した、Rainer Spehl氏デザインの高級ウッド&レザー製ノートブックケースです。


GIZMODEの記事にもありますが、ケースというより、ボックスですね。自宅でのMacBookの保管用にはいいかも。持ち歩きたいとは到底思いませんが。
# 繰り返しますが、MagicaはMacBookもMacBook Proも持ってません。はい。


で、なにが面白かったのかというと、“すでに販売中ではありますが、価格は「時価」”という部分。「時価」て・・・(^^;)。注文するには相当な勇気が要るなぁ。

続きを読む...

iTunes Plus、曲単位にDRMフリーへのアップグレードが可能に

TUAW(The Unofficial Apple Weblog)の記事より。表題どおりですが、iTunes Plusで、DRMフリーへのアップグレードが曲単位に可能になっています。


iTunesで購入したDRM付き楽曲のうち、iTunes PlusでDRMフリー版が提供されているものは、1曲50~70円(ビデオは100~140円)で、DRMフリー版にアップグレードできるのですが、今までは、手持ちの曲全てまとめてアップグレード、しかできませんでした。

それが本日より、1曲単位に選んでのアップグレードが可能になっています。対象曲が多すぎて、アップグレードしたくてもなかなかできなかった人には朗報ですね。

もっとも、日本の楽曲はiTunes Plusにほとんど無いので、J-POPや歌謡曲ファンにとっては、あんまりありがたみがありませんが(^^;)。

続きを読む...

C#で書かれたiPhoneゲームが既に40本以上!

@ITの記事より。C#で書かれたiPhoneゲームが既に40本以上存在するとか。もちろん、Jailbreak環境向けではなく、アップルの審査を通過した正規のアプリで、ちゃんとApp Storeで販売されているそうです。

画像はC#で書かれたゲームの例「Raptor Coptericon

これには正直驚きました。本来、iPhone向けのネイティブアプリは、Objective-Cでなければ開発できないはずなのに。特に、C#のように、実行時に独自のランタイム(.NET Framework)を必要とする言語では、よしんば、アプリを開発できたとしても、アップルの審査を通らないはずなんですが。
# 任意のコードを実行可能なランタイムは、セキュリティ上の理由から配布が禁止されています。
# PhoneGapBig Fiveのように、JavaScriptによる開発を可能としたフレームワークもありますが、あれらはiPhoneに標準搭載のJavaScriptエンジンを利用しています。


これらのゲームは全て、デンマークのUnity Technologies社製の「Unity」という3Dグラフィックスフレームワークを使用して開発されているそうです。

Unityはオープンソース版の.NET Framework実装であるMonoをベースにしています。ただし、そのままでは、iPhone SDKの規約(独自ランタイム配布の禁止)に抵触するので、実行時にランタイムを必要としなくてすむよう、手が加えられているようです。

本来、.NETでは、実行時に動的に、プログラムをネイティブコードに変換し、ライブラリとリンクして実行する、という手法を使うのですが、Unityでは、事前にプログラムを全てネイティブコードに変換し、かつ、必要なライブラリを静的にリンクしたバイナリを作成してしまう、という手法で、iPhone SDKの規約の問題を回避しているようです。

なるほど、その手があったか! なかなかにうまいやり方です。リンクするライブラリも必要最小限のもので済むので、ダウンロードサイズも小さくなるし、一石二鳥とはこのことですね。

ゲームやエンターテイメント系に限られるとはいえ、C#での開発が可能、というのは、特にWindows系のデベロッパーにはありがたい話ではないでしょうか。また、Unityは、C#の他に、JavaScriptとBoo(Python系の言語)での開発も可能だそうです。

「iPhoneゲームの開発に参入してみたいけど、Objective-Cがなぁ」と思っていたそこのあなた、UnityでiPhoneゲーム市場に参入してみては?(笑)
# ちなみに、Unityは有償です。iPhone向けセットは、$598~。
# Unityを使えば、C#で開発可能ですが、Windowsで開発できるようになるわけではありません。念のため。


続きを読む...

2009年1月29日木曜日

次世代iPhoneはやはりマルチコアCPU?

MacRumorsの記事によると、先日リリースされたばかりの、iPhone OS 2.2.1のシステム設定ファイルの中に、次世代iPhoneと思しきモデルナンバーが見つかった、とのことです。


そのモデルナンバーは、"iPhone2,1"。

初代iPhoneのモデルナンバーが"iPhone1,1"、現行iPhone 3Gのそれが"iPhone1,2"であることから考えると、次世代iPhoneは、初代iPhoneから現行iPhone 3Gへ変わったときよりも、もっと大きな(ハードウェアの)変更があろうことは、想像に難くありません。

そこで、俄然真実味を帯びてくるのが、「次世代iPhoneはクアッドコアCPUを採用」という例の噂です。

まあ、あくまでも噂ですし、よしんば、噂どおり次世代機がマルチコアCPUを採用したとしても、それがいつ登場するのかは、まったく不明なわけですが。
# モデルナンバーが決まっているからといって、登場が近いという証拠にはなりませんからね。

とはいえ、楽しみが増えたことは確かです。わくわく♪
# もし今年の夏に出たりしたら、楽しみどころじゃなくなりそうだけど。割賦金の残額がぁ~(^^;)。

続きを読む...

iPhoneが認識されなくなった場合の対処法

不幸にして、iPhoneがPC(iTunes)に認識されなくなってしまったら。しかも、夜間でショップはとっくに閉まってるし、メーカーのサポート窓口ももう終わっている。

明日の朝、窓口が開くまで手をこまねいているしかないのか・・・。

そんなことはありません。まだできることがいくつかあります。

まず、落ち着くために深呼吸を一つ(^^;)。

次に、iPhoneをPCから外しましょう。そして、スリープボタンを長押しして、iPhoneの電源を切ります。5秒ほど待ってから、スリープボタンを押し、iPhoneの電源を入れなおします。
# スリープボタンの長押しで電源が切れない場合は、ホームボタンとスリープボタンを再起動するまで押し続けてください。

次に、PCをシャットダウンして、電源を切ります。こちらも5秒ほど待ってから、再度電源を入れなおします。
# 再起動ではなく電源を入れなおします。ハードに不調が発生した場合、一旦電源を切らないと回復しない場合があるからです。

iPhoneとPC、両方が無事に起動したら、PCの状態が落ち着くのを(数分~十数分)待ってから、もう一度、iPhoneをPCに接続して、iTunesで正しく認識されるかどうか確かめます。

それでもiPhoneが認識されない場合は、iPhoneをPCの別のUSBポートに繋ぎ変えてみます。この場合、ハブやキーボードのUSBポートではなく、PC本体のUSBポートに直接繋いでください。
# もし、予備のドックコネクタケーブルがある場合は、ケーブルの交換も試してみましょう。

それでもダメな場合は、次に、iTunes及び関連ソフトウェア/ドライバ類の再インストールを試します。

ここでは、iTunes及び関連ソフトウェア/ドライバ類を全て一旦削除した上で、再インストールする手順を説明します。
# 上書きで再インストールするより、一旦削除後、再インストールした方が改善される可能性が高くなります。


Windows XPの場合
  1. iTunesやQuickTimeを起動している場合は、全て終了する。
  2. iTunesを削除する。
    1. [コントロールパネル]-[プログラムの追加と削除]から「iTunes」を選択し、[削除]をクリックする。
    2. 再起動を促すメッセージが出ても「いいえ」を選択して、ここでは再起動はせず次の手順へ進む。
  3. QuickTimeを削除する。
    1. [コントロールパネル]-[プログラムの追加と削除]から「QuickTime」を選択し、[削除]をクリックする。
    2. 同様に再起動はせず次の手順へ。
  4. Apple Software Updateを削除する。
    1. [コントロールパネル]-[プログラムの追加と削除]から「Apple Software Update」を選択し、[削除]をクリックする。
    2. 同様に再起動はせず次の手順へ。
  5. Apple Mobile Device Supportを削除する。
    [コントロールパネル]-[プログラムの追加と削除]から「Apple Mobile Device Support」を選択し、[削除]をクリックする。
  6. iTunes関連のコンポーネントを全て削除したら、PCを再起動する。
  7. アップルのサイトから最新のiTunesをダウンロードしてインストールする。

Windows Vistaの場合
  1. iTunesやQuickTimeを起動している場合は、全て終了する。
  2. iTunesを削除する。
    1. [コントロールパネル]-[プログラムのアンインストール]から「iTunes」を選択し、[アンインストール]をクリックする。
    2. 再起動を促すメッセージが出ても「いいえ」を選択して、ここでは再起動はせず次の手順へ進む。
  3. QuickTimeを削除する。
    1. [コントロールパネル]-[プログラムのアンインストール]から「QuickTime」を選択し、[アンインストール]をクリックする。
    2. 同様に再起動はせず次の手順へ。
  4. Apple Software Updateを削除する。
    1. [コントロールパネル]-[プログラムのアンインストール]から「Apple Software Update」を選択し、[アンインストール]をクリックする。
    2. 同様に再起動はせず次の手順へ。
  5. Apple Mobile Device Supportを削除する。
    [コントロールパネル]-[プログラムのアンインストール]から「Apple Mobile Device Support」を選択し、[アンインストール]をクリックする。
  6. iTunes関連のコンポーネントを全て削除したら、PCを再起動する。
  7. アップルのサイトから最新のiTunesをダウンロードしてインストールする。

Mac OS Xの場合
  1. iTunesを起動している場合は、終了する。
  2. iTunesを削除する。
    1. Finderで「アプリケーション」フォルダを開き、「iTunes.app」を選択してゴミ箱にドラッグする。
    2. デスクトップのiTunesアイコンをゴミ箱へドラッグする。
  3. Apple Mobile Device Supportを削除する。
    1. Finderで「/System/Library/Extensions」フォルダに移動し、「AppleMobileDevice.kext」を選択してゴミ箱にドラッグする。
    2. Finderで「/Library/Receipts」フォルダに移動し、「AppleMobileDeviceSupport.pkg」を選択してゴミ箱にドラッグする。
  4. 「Finder」-「ゴミ箱を空にする」でゴミ箱を空にする。
  5. iTunes関連のコンポーネントを削除したら、PCを再起動する。
  6. アップルのサイトから最新のiTunesをダウンロードしてインストールする。

これでもダメな場合は、iPhoneまたはPCのハードウェアの故障の可能性が高くなりますので、お店が開くのを待って、iPhone(とできればPC)を持ち込み、検査してもらいましょう。

続きを読む...

2009年1月28日水曜日

思わず、これ欲しい!と叫んでしまった(^^;)「iPhone型USBメモリー」

GIZMODE JAPANで見つけたんですが、台湾Fruitshop製iPhone型USBメモリー「Phone Driver」。


う、可愛すぎる(^^;)。これ、欲しいよぉぉぉ!!!




でも、まだ日本では売ってないみたいです(;_;)。Dinosaur Driver(下の写真)なら売ってるんですけど。


日本で、iPhone型USBメモリー「Phone Driver」を扱ってる店、ご存知の方いらっしゃいましたら、是非教えてください m(__)m。

続きを読む...

App Storeの審査基準がまた変更? サードパーティ製Podcastアプリが登場

engadget日本版より。App Storeにサードパーティ製のPodcastアプリ「Rss Playericonが登場したようです。

これまでは、iPhone/iPod touchの標準アプリと競合するようなアプリ(ブラウザやPodcastアプリなど)は、審査でリジェクトされていたのですが、先日のブラウザアプリの解禁(ただしWebKitベースに限る)に続き、Podcastアプリも解禁の方向へ動いているようです。

規制緩和の方向は、歓迎すべきことではありますが、こうも頻繁に審査基準が変わってくれると、開発者としては正直「勘弁してよ」と言いたくなります(^^;)。
# 緩和だけならまだしも、知らない間に厳しくなっていた、というケースも少なくないですし。

まあ、でも、面白くなってきたのは確かですね。このまま、規制緩和がさらに押し進み、Private APIの利用や常駐プロセスの作成とかまで解禁されたら、素晴らしく面白いことになるんだけどなぁ(^^;)。

続きを読む...

iPhone OS 2.2.1 リリース!

先ほど(午前4時頃)、iPhone OS 2.2.1がリリースされました。


今回のアップデート内容は
  • Safariの全般的な安定性が向上
  • メールから保存された画像の一部がカメラロールで正しく表示されない問題を修正
となっています。

かねてからの噂どおり、小さな改良と不具合修正のみに留まっており、新たな機能追加は無いようです。

現状、特に問題なく使えている人は、あわててアップデートする必要は無いでしょうね。しばらく様子を見てからアップデートするか、いっそ、今回のアップデートは見送ってもいいかもしれません。
# アップデートにより新たな不具合が発生するケースもまれにありますので。

Magicaですか? もちろん、早速アップデートしましたよ(笑)。

続きを読む...

2009年1月27日火曜日

連載コラム「実践! iPhoneアプリ開発」がスタート

マイコミジャーナルで連載コラム「実践! iPhoneアプリ開発」がスタートしています。

著者は、iPhoneアプリ(ていうかMacOS)開発界でこの人を知らなければモグリという、「iPhone SDKプログラミング大全」の著者でもある、HMDTの木下さんです。


これはもう、iPhoneアプリ開発に関わるものなら、フォローするしかないでしょう。

ただし、このコラム、プログラム初心者向けではありません。また、iPhone開発入門者向けでもありません。対象読者は、「すでにiPhoneアプリ開発の基礎を理解している人」、です。

Objective-CやXcode、Foundationフレームワークなどは理解している、という前提で話が進むようです。つまり、“「iPhone SDKプログラミング大全は読み終わった、さあ次の段階へ”、という人が対象となっています。

内容的にも、第1回の冒頭に「App Storeに登録できるiPhoneアプリを作るために」とあるくらいで、かなり実践的な内容が展開されそうです。

多くの日本人デベロッパー(もちろんMagicaも含め)にとって、待望の連載の開始となるのではないでしょうか(^^)。

続きを読む...

iPhoneアプリ開発・プロモーション支援サービスが登場

ITProの記事「iPhone 3G/iPod touch向けのアプリ開発、プロモーション支援サービス」の「プロモーション支援」の部分に反応して、おおっ、と思わず見に行ったんですが・・・。


Magicaの期待とは少し違っていました(^^;)。

サムライチェスiconMelody Belliconを開発・販売する(株)コニットの提供するサービスで、iPhone/iPod touchアプリの市場分析・企画の段階から、アプリ開発、そしてプロモーション支援までを一手に引き受ける、「全ておまかせ」型の、企業向けサービス(費用は80万円~)でした。

個人や中小デベロッパーにとっては、ちょっと手が出せないサービスですね。まあ、そもそもターゲットが違うんでしょうけど。

個人デベロッパーや中小デベロッパーの場合は、企画・開発力は十分あっても、プロモーション力に欠ける、という場合が多いですから。

このサービスのプロモーション支援部分、アプリの各国言語への翻訳、プロモーションサイトの制作、YouTube動画の制作、といった部分を抜き出したようなサービスがあれば、デベロッパーには結構受けると思うんですけど。

どこか、そーゆーサービス、格安で展開してくれませんかねぇ(笑)。

続きを読む...

投票「iPhoneアプリ、いくらまでなら出す?」進行状況

おかげさまで、一昨日より開始した「iPhoneアプリ、いくらまでなら出す?」の投票ですが、順調に進行しているようです。

開始してからまだ2日しかたっていませんが、既に156件の投票が集まっています。この調子で進んでくれれば、2週間程度でサンプル数1,000件に達しそうですね。

投票いただいた皆様、ブログでご協力いただいている皆様には本当に感謝いたします m(__)m。

さて、今後の予定ですが、今週末(1/31)に一旦集計結果を中間発表し、その1週間後(2/7)で投票締切という形で行こうかと考えています。

もっとも、できればサンプル数1,000件は確保したいので、今後の票の伸び具合によっては、もう少し先まで続けなきゃ、となるかもしれません。終了予定日は、中間発表の時に決定しようと思っています。

まだ投票してない方、是非、投票にご協力をお願いします m(__)m。

投票:iPhoneアプリ、いくらまでなら出す?
又は、右サイドバーの投票パーツより

なお、下記ブログにも投票にご協力いただいています。感謝!
覚醒する?Club D'z_iPhone 3G
リンゴが好きでぃす♪2.0
りんごとちょこのつれづれぐさ
かごおた
徒然ブログ
# うちのブログが抜けてるぞゴラァ(^^;)、という場合や、新しく協力してあげたよ、という場合は、是非コメントでお知らせください。

続きを読む...

2009年1月25日日曜日

iPhoneアプリ、いくらまでなら出す?

みなさんは、iPhoneアプリにいくらくらいまでならお金を出してもいいと思います?

アプリの価格付けをどうするか、というのはデベロッパーにとって、なかなかに悩ましい問題です。

高すぎて売れないと意味が無いですし、かといって、安すぎると売れても意味が無い(^^;)、なんてことになりかねない。

大手さんだと、きちんと市場調査とかやって、各種マーケティング手法を駆使して価格付けできるんでしょうけど、個人デベロッパーの場合は、なかなかそういうわけには行きませんからねぇ。

ということで、少しばかり情報収集「iPhoneアプリ、いくらまでなら出す?

ちなみに、Magicaが購入したことのあるアプリの最高額は、600円だったりします。開発者のくせして、あんまり金かけてませんね(^^;)。

みなさんが、今までに購入したことのあるアプリの最高金額を教えてください。サイドバーの投票パーツか、下記リンクから投票をお願いします。

投票:iPhoneアプリ、いくらまでなら出す?

また、ブログをお持ちの方で、協力してあげてもいいよ、という奇特な方いらっしゃいましたら、上のリンク先から投票パーツをブログに貼って、データ収集にご協力頂けると、Magicaは非常に喜びます(^^)。

投票の終了期限は特に定めていませんが、サンプルの集まり具合を見て決めていきたいと思います。投票を終了する場合は、事前に本ブログで告知します。また、終了後の集計結果は本ブログ上で公開します。

なお、投票のシステムには人気ブログランキングの投票サービスを使用しています。

続きを読む...

Bloggerで「最近の記事」「最近のコメント」を表示する方法

Blogger Tips第3弾“「最近の記事」「最近のコメント」を表示する方法”です(^^)。

Bloggerには、例によって、他のブログサービスによくある「最近の記事」や「最近のコメント」を表示する機能が備わっていません。

では、どうやるのかと言うと・・・。


レイアウトテンプレートを使っている場合は、実に簡単です。Bloggerに用意されているガジェットの一つ、「フィード」ガジェットを応用することで実現可能です。
# クラシックテンプレートの場合は、同様の機能を持ったブログパーツ(FeedWind等)を利用することで実現可能です。

「フィード」ガジェットというのは、指定したRSS/ATOMフィードをブログ上に表示するためのブログパーツです。

既にお気付きの方もいると思いますが、そうです、自身のフィードを指定してやれば「最近の記事」一覧の出来上がり、なわけです。

同様に、自身のコメントフィードを指定すれば、「最近のコメント」一覧の出来上がり、となります。

では、具体的な導入手順です。
# ここで説明するのはレイアウトテンプレートでの組み込み方です。クラシックテンプレートの場合は、一番下の参考リンクの記事を参照してください。
  1. 記事・コメント、各フィードのURLを調べる。
    通常は下記のようになっています。
    記事のフィード:
    http://<Blog-Address>/feeds/posts/default
    コメントのフィード:
    http://<Blog-Address>/feeds/comments/default
    ここで、<Blog-Address>は、ブログの公開アドレスです。標準のBlog*Spotアドレスを使っている場合は、<ブログ名>.blogspot.com、カスタムドメインで公開している場合は、指定したカスタムドメイン名になります。

  2. フィードガジェットをブログに追加する。
    Bloggerの[レイアウト]-[ページ要素]ページで、フィードガジェットを追加して、「フィードURL」に上で調べた記事又はコメントフィードのURLを指定します。


    後はガジェットのタイトルや表示件数等のパラメータを指定して保存し、適当な位置にガジェットを配置するだけです(やはり、サイドバーが適当でしょうね)。

実に簡単ですので、是非お試しあれ。

なお、この方式には
  1. 記事・コメントの投稿がすぐには反映されない。
  2. 記事・コメントを最大5件までしか表示できない。
という制限があります。

2については、サードパーティ製のブログパーツを利用することで、回避できるかもしれませんが、1については、如何ともし難いでしょうね。

参考リンク:
クリボウの Blogger 入門: Blogger にも「最近のコメント」
クリボウの Blogger 入門: Blogger のフィード URL とパラメータ

続きを読む...

2009年1月23日金曜日

20分で作ったiPhoneアプリで1時間に$200以上稼ぐ

AppleInsiderの記事より。わずか20分で作り上げた、いわゆる「くず」アプリで、1時間に$200以上も稼いでいるという、とんでもないiPhoneアプリ開発者がいるそうです。
# 画像がその「くず」アプリ、Sound Grenade。


記事の内容を要約・意訳すると、
今まで20本以上のiPhoneアプリを開発してきた22才のHigh Glossは、あるとき、20分で「Sound Grenade」という、彼が今まで作った中でも最も簡単なアプリを作り上げ、App Storeでフリーアプリとして公開した。

驚くべきことに、「Sound Grenade」は、リリース初日に50もの熱烈なレビューが付き、2日目にはさらに50のレビュー、そして5日目には世界中のほとんどのApp Storeで、フリーアプリのトップ10内に入ることとなった。

そこで、彼は、一度トップ50内に入ったApp Storeでは、アプリを完全フリー版から広告配信版に変えることを決め、その結果、現在では、1日100万件の広告を配信し、1時間に$200以上のクリック課金による収入が生み出されることとなった。
だそうです。

うーむ、羨ましすぎる。単純計算だと、1ヶ月に1000万円以上。

これは、下手に時間をかけて高機能な有償アプリ作るより、「くず」アプリでもいいから、大量にフリーアプリばら撒いて、広告配信のプラットフォームとして使った方が、ずっと儲かるかもしれんなぁ。

もっとも、記事に
Gloss said he's troubled by how popular "crap" can be on the App Store
とあるように、Gloss本人にも、どうやれば「くず」アプリに人気を集められるのか、よく分からないみたいなので、そうそううまく行くもんでもなさそうですけどね。

ちなみに、Sound Grenadeがどういうアプリかというと、「人を不快にして頭が痛くなるような高周波音を発生するアプリ」です。

まさに名前どおり「音響手榴弾」ですね。「こんな下らん集会なんぞ早く終わってくれ」という時に使うものらしいです(^^;)。
# よーするにパーティジョークアプリの一種ですかね。

ちなみに、Magicaは年のせいか、Sound Grenadeの出す高周波音はほとんど聞こえませんでしたが、しばらくたつと、本当に頭が痛くなってきたので、これ、マジで威力あるのかも?
# くれぐれも悪用しないように(^^;)。

Sound Grenade Sound Grenadeicon

続きを読む...

2009年1月22日木曜日

iPhone nanoはやはり登場しない?

AppleInsiderの記事より。本日、米アップル社の決算報告がありましたが、CEO代行のTim Cook氏が、iPhone nanoの噂を否定する発言をしたようです。



記事によれば、Tim Cook氏は、“we're not going to play in the low-end voice phone business.”と、iPhone nanoにまつわる憶測を、見事に打ち砕いてくれる発言をしたようです。

「ローエンド携帯電話市場で遊ぶ気はない」とは、身も蓋もない言い方(^^;)ですが、ある意味、アップルらしいとも言えますねぇ。

まあ、2008年のiPhoneの販売台数は、年間目標を大きく上回ったようですから、そういった発言が出てくるのも当然のことかもしれません。

それに続く、“our goal is not to be the unit share leader in the phone industry. It is to build the best phone.”も実にアップルらしい発言ですね。

この言葉どおり、今後も、iPhoneを“best phone”たらしめるよう、頑張ってくださいね>アップルさん。Palm Preなんて蹴散らせ(笑)。

続きを読む...

2009年1月21日水曜日

iPhone vs. Palm Pre vs. Android

GIZMODE JAPANで、Palm PreとiPhone、Android(T-Mobile G1)三つ巴の13本勝負というのをやっていました。



結果を星取表にまとめると、

 iPhonePalm PreT-Mobile G1
マルチタッチ
マルチタスク
ハードウェアデザイン
開発プラットフォーム
インターネットとの統合
アプリの配布環境
充電環境
携帯電話会社
キーボード
カメラ
バッテリ
コピー&ペースト機能
ブラウザ
勝ち星592

ということで、トータルでは勝ち星9で、Palm Preの圧勝となっております。うーん、なんか日本で発売されたら、思わず浮気してしまいそう(^^;)。

まあ、後発の方が有利なのは当然ですが、“マルチタスク”と“コピー&ペースト”の2点は、iPhoneにも是非欲しいですよねぇ。この2つさえなんとかなれば、Palm Preに食指が動くこともなくなるんですが(^-^;)。

マルチコアCPUの採用も噂される、次期iPhoneには、マルチタスクとコピー&ペーストを是非>Appleさん(^^;)。

続きを読む...

本物の銃器メーカーが作った狙撃支援用弾道計算アプリ

最近、BulletFlightという、iPhone/iPod touchアプリがApp Storeで販売を開始したんですが、何のアプリだと思います?

engadget日本版の記事によれば、「使用する銃とカートリッジのプロファイルを選択したうえで当日の天気や気温、湿度、風速と風向き、角度といった数値を入力することにより正確な射撃を支援する弾道計算機アプリ」だそうです(^_^;)。


Magicaは最初、サバイバルゲームとかで使うアプリかな、と思っていたんですが、どうやら、本物の狙撃銃の、それも実戦での使用を想定したアプリのようです。

アプリを配布しているのは、Knight's Armament Companyというアメリカの軍用銃器メーカー。ウェブサイトには軍用ライフルの写真がいっぱい載っています。マニアには堪らないかも。

しかも、アプリだけじゃなく、下の写真のように、iPod touchをスナイパーライフルにマウントするアタッチメントまで作っちゃったようで(^^;)。
# ちなみに写真のケースはOtterBoxの“iPod Touch 1st Gen Armor Case”。



しかし、誰が買うんでしょうね。やっぱり軍関係者? 民間人が軍用ライフルを手に入れられるとは思えないし。

ちなみに、日本のApp Storeでもしっかり販売されてたりします。


BulletFlight BulletFlighticon

続きを読む...

2009年1月20日火曜日

iPhoneアプリ海賊版登場について思うこと

CNET Japanの記事スラッシュドット・ジャパンの投稿などを読むと、ぼちぼち、iPhoneアプリの海賊版が登場し始めたようです。海賊どもの洗礼を受けるのは、iPhoneも例外ではなかったようで(ーー;)。

ニュースの詳しい内容は、リンク先の記事を読んでいただくとして、このニュースを知って、Magicaが最初に思ったことは、「よく平気で海賊版なんかインストールできるなぁ。トロイの木馬とか仕込まれてたらどうするんだ。怖くないのか?」ということですね。

海賊版のような不正に流通しているアプリの利用は、それ自体が違法であることは言うまでもありませんが、それ以前に、非常に危険です。

なにしろ、不正行為を平気でやってのける人物が配布しているんですから、何が仕込まれているか分かったものじゃありません。むしろ、何も仕込まれて無い方が不思議です。

もし海賊版アプリに、通信を盗聴したり情報を盗み出したりする悪意あるコードが仕掛けられていたとしたら・・・iPhoneに入力したデータは全て、海賊版の配布元に筒抜けになってしまいます。

海賊版を利用する人は、そういったことは考えないのでしょうか? そもそも、そういった危険性があること自体を知らないのか、あるいは、自分だけは大丈夫と高をくくっているのか。
# まあ、未だにP2Pファイル交換ソフトによる、情報漏洩がなくならないのを考えると・・・(^^;)。

たかだか数百円をケチって(いや、それが例え数十万円であろうと)、下手をすると職も信用も失いかねない、重要な情報を盗まれるリスクを好んで犯すなど、正気の沙汰とは思えません。

海賊版を利用することは、「強盗を自ら家の中に招き入れる行為」と同じです。しかも、「私は怪しい人間です」と全身で主張しているような輩を。
# そういう意味では、まさに「海賊」版ですね(^^;)。

iPhoneに限らず、アプリケーションの海賊版の話が出るたび、海賊版を利用することの違法性や、メーカー(開発者)や市場に与える影響、といったことは取り沙汰されますが、海賊版を利用することの危険性、はあまり取り上げられることがありません。
# どうしてでしょうね?記事にし難いのかな?

各メディアには、海賊版を利用することの危険性をもっと取り上げてもらいたいものです。そして利用者には、海賊版を利用することは、違法行為であるだけではなく、極めて危険な行為でもあることを十分認識してもらいたいものです。

続きを読む...

iPhone OS 2.2.1 Coming Soon?

iPhone 3G Wiki blogの記事(ネタ元はPlanet-iPhones)からですが、iPhone OS 2.2.1が既に最終テスト段階に入っており、数週間以内にリリースされるのでは、と見られているようです。

ただし、2.2.1は、不具合修正や小さな改良のみに留まり、新機能の追加は無いようです。噂されていた“Push Notification Service”は、またもや見送られるようですね。

ちなみに、同記事の最後の方には、「2.3ではBluetoothでiTunesとの同期が可能になるだろう」といったことが書かれています。こっちの方が興味深いなぁ(^^)。

続きを読む...

2009年1月19日月曜日

Seagate製ハードディスクに致命的な不具合が

engadget日本版の記事より。大手ハードディスクメーカー Seagateの主力ハードディスク Barracuda 7200.11シリーズに致命的な不具合が見つかったそうです。
# iPhoneとは関係ないニュースですが、Magica的には結構重大ニュースなので。
# ちなみに、Magicaが去年購入したHDDは、7200.10だったので、間一髪セーフ(^^;)。


上記記事によると、
  • 起動ドライブとして使用不可能になる
  • アクセス不能になり、BIOSから認識できなくなる
といった症状が発生するようです。

不具合の発生条件はまだ特定されていませんが、すべての製品で発生するものでもないようで、Seagateのサイトではシリアル番号をチェックするページが公開されています。

なお、現在流通しているSeagate製ハードディスクはほとんどが、不具合に該当する製品(Barracuda 7200.11シリーズ)となっているため、近々ハードディスクの増設を予定している人(あるいは最近増設した人)は注意した方がいいでしょう。
# 最近、Seagate製HDDを購入した人は、シリアル番号をチェックした方がいいかも。
# メーカー製パソコンとかどうするんでしょうね。Seagate製品採用しているのも少なくはないでしょうに。

続きを読む...

BlogPressの日本語化バグ修正版がリリース

以前の記事で書いた「BlogPressの日本語化時のバグ、確認メッセージのボタンが両方とも[はい]」を修正したバージョンがリリースされました。


さっそく確認。

おお、ちゃんと、[いいえ]と[はい]が選択できるようになっている!(^^;)

でも、日本語がなんか変なのは変わってませんね。

あと、長文記事の場合、途中で切れてしまう(というか、表示されない?)のも変わって無いようです。

ちなみに、BlogPressとは、iPhoneから画像付きの記事を投稿できるブログ管理アプリです。「はてな touch」のような専用アプリの用意されていないブログ(例えばBloggerのブログ)を更新する時に便利です。

とはいえ、価格1,200円と、どちらかというと高額なアプリの上、まだ色々不具合も残っているため、積極的にお勧めできるアプリではありませんが(^^;)。

BlogPress BlogPressicon

続きを読む...

2009年1月18日日曜日

ブログパーツ「SEO Stats」

お気づきの方もいるかと思いますが、右サイドバーの下の方に、Googleページランクや各種検索エンジンにインデックスされているページ数、被リンク数、当日・前日のアクセス数などを表示するブログパーツ「SEO Stats」を設置してみました。

2009/1/19 修正
UTCではなくASTのようだ。

て、「12 users online」て・・・。いきなりなにが? 普段はせいぜい2~3 usersのはずなんだが。

ああ、そうか、さっき、価格.comの掲示板に、参考としてうちの記事へのURL入れた回答を書き込んだからか。うーん、価格.comて強力ですねぇ・・・。いや、そんなことを書こうと思ったんじゃないんだった。

まず、上の画像の説明ですが、"Rank"は説明不要ですね。"GIP"と"GBL"は、このサイトのGoogleにインデックスされてるページ数と被リンク数、"YIP"と"YBL"はYahoo!のそれ。"TUV"、"TPV"、"YUV"、"YPV"は各々、今日のユニークユーザー数とページビュー、昨日のユニークユーザー数とページビュー、そして、一番下の"users online"は、同時アクセスユーザー数(今アクセスしているユーザー数)。

さて、そこで、
  • 疑問その1
    今朝(早朝)設置したばかりなのに、なぜか、昨日のアクセス数が表示されている。
  • 疑問その2
    Yahoo!にページが全くインデックスされていない。いや、さすがにゼロって事は・・・?。
まあ、ちょっと考えれば、答えは自明なんですけどね(^^;)。
  • 疑問その1の答え
    (2009/1/19 修正)
    このカウンター、日本時間で動作していない。多分、UTC(協定世界時)AST(大西洋標準時)で動いてる。それなら、日本時間の午前9時午後1時で日付が変わるわけで。サーバーがカナダにあるのだろうか?
    # しかし、日本向けのサービスなんだから日本時間で動かして欲しいなぁ。
  • 疑問その2の答え
    その1の答えと同様ですね。このブログパーツの「Yahoo!」は、「Yahoo! Japan」ではなく「Yahoo! USA」のことのようです。ていうか、「Yahoo! Japan」と「Yahoo! USA」て、データベース自体別なんだ。
    # これも、日本向けのサービスなら、日本向けの・・・。

ま、無料のサービスなんで贅沢は言えませんけどね。検索エンジン情報については、Google以外は役に立ちそうにありませんねぇ。

続きを読む...

2009年1月17日土曜日

二重構造のiPhone 3G用ケース SwitchEasy CapsuleNeo

長らくお待たせしました!(誰も待ってない? ^-^;)

Magica愛用のiPhone 3G用ハードケース SwitchEasy社製 CapsuleNeoのレビューをお届けします。
# Magica愛用品はブラックです。ホワイトもあります。


さて、このケース、実は購入したのは9月の話なので、ブログ開設より前だったりします(発売とほぼ同時に購入)。で、2ヶ月以上も前にレビュー記事用の写真も撮ってたりしたんですが、なんで今までほったらかしになっていたのかというと・・・ひとえにMagicaの怠慢が原因です。はい。あぁあ、ごめんなさぁい m(__)m。

気を取り直し、レビューを進めることとしましょう。

このケースの最大の特徴は、極薄のシリコン製インナースキンを被せた上に、ポリカーボネート製のハードケースを被せる、という二重構造にあります。

iPhone本体を、ぴったりフィットする極薄シリコンシールドでカバーすることで、ハードケースにありがちな、ケースと本体の隙間に侵入したホコリで本体に傷が付いてしまう、あるいは、ケースそのもので本体を傷付けてしまう、といった心配が(ほぼ)無くなります。

逆に欠点は、二重構造ゆえの着脱の面倒臭さ、ですね。一度着けると、二度と外したくなくなるくらい面倒です(^^;)。
# あと、同じく、二重構造ゆえ着膨れする、というのもありますが。

では、パッケージの中身です。


下段左から、iPhone本体をカバーするスーパーフィット極薄シリコンシールド2枚(1枚は予備)、外装ハードケースパーツのH型ポリカーボネート製フレーム、同じくI型ポリカーボネート製センタークリップ、スクリーン保護フィルム2枚(1枚は予備)、スクイージカード(フィルム貼付け時の気泡除去用)。

そして、上段左から、ドックコネクタプロテクター、ヘッドホンジャックプロテクター、ビデオスタンド、ユニバーサルドックアダプター、マイクロファイバークロスと、付属品も非常に充実しています。

この、付属品が充実している、というのもこのケースの魅力の一つです。ドックコネクタプロテクターやヘッドホンジャックプロテクターを別に買わなくてもいいですし、なんといっても専用品なのでデザイン的にもしっくり来ますしね。

次に、ケースの装着方法です。


まず、極薄のシリコンシールドをiPhoneに被せます。見ての通り、非常に薄く(手で持つとふにゃふにゃ)、下手に引っ張ると破けそうで、iPhoneに被せる時もかなり気を使います。
# だからこそ、予備が1枚付属してるんでしょうけど。

非常に薄いので、シリコンシールド自体の耐衝撃性は期待できそうにありません。あくまで、傷からiPhone表面を保護するもの、と考えた方がいいでしょうね。


シリコンシールドを被せたら、ドックコネクタの開口部やスリープボタン、ボリュームボタン等を位置合わせし、全体がバランスよく収まるよう微調整します。

この調整も結構面倒ですが、この後さらに面倒な手順が控えているので(^^;)、こんな事くらいで挫けちゃいけません。

次に、ケース装着の最大の山場(^^;)、外装パーツその1、H型フレームの装着に取り掛かります。


ボリュームボタン側から、シリコンシールドのエッジに合わせて装着していくんですが、シリコンシールドが極薄のため、フレームからはみ出さないように被せるのが非常に困難です。

というか、無理です。絶対にはみ出します。なので、H型フレームを被せた後、はみ出したシリコンシールドを、(フレームを少し浮かせながら)H型フレームの中に押し込んで形を整える、というのが現実的でしょうね。
# 実際、Magicaはそうしました。


上の写真のように、インナーのシリコンシールドがH型フレームからはみ出さず、かつ、妙な具合に押しつぶされたりせず、うまくH型フレームが装着できた事を確認したら、次にもう一つの外装パーツ、I型センタークリップの装着に進みます。

ここまできたら、あとは簡単です。I型センタークリップの装着は、特に難しくありません。iPhoneの上部(ヘッドホン端子のある)側から、パチンとはめるだけです。

この時、例によってシリコンシールドがはみ出す場合がありますが、センタークリップを少し持ち上げてやれば、自然に収まります。


最後に、ドックコネクタプロテクターとヘッドホンジャックプロテクターを装着して完了です。





使用感ですが、二重構造に加え、外装のフレーム自体わりと厚みがあるため、ハードケースとしても、かなり厚手の部類に入ります。皮革ケース並みの厚さと思っていただければいいかと。

ケースの厚さに加え、ドックコネクタ部分があまり大きく開いていないため、大型のアダプタなどは装着できない場合がありますので注意してください。


ヘッドホンジャック部も同様に、あまり大きく開いていないため、土台部分の大きなヘッドホンプラグは挿さらない場合があります。


保護性能的には、かなりいいです。iPhone表面の傷つきやすい(傷が目立ちやすい)、銀縁部分は完全にカバーされていますし、本体がシリコンシールドで覆われているため、ドックコネクタ/ヘッドホンプロテクターを装着すると、開口部がほとんど無くなります。

最初に特徴として書いたように、隙間からホコリが侵入して傷が付く、といった恐れはほとんど無いでしょう。

また、外装フレームは、H型フレームをI型クリップで固定する、という形になっており、かなりカッチリと固定されているため、落とした衝撃でケースが脱落する、といった心配も無さそうです。


操作性について言えば、外装フレームの縁部分は必要最小限の幅に抑えられているため、タッチスクリーンへの干渉がほとんどなく、ケースを装着しない状態と同等のタッチパネル操作性を実現しています。

また、シリコンシールドのスリープボタンやボリュームボタンの位置が、(ボタン状に)やや盛り上がっており、厚手のハードケースによくあるスイッチ類の押し難さ、という欠点を解消しています。スイッチ類の操作性の良さは、ハードケースとしては特筆に価します。


最後に、付属のビデオスタンドとユニバーサルドックアダプターの写真を載せておきます。これは、まあ、写真を見てもらえれば十分ですね。

付属のビデオスタンドは横置き専用です。縦置きでは使えません。念のため。
当然のことですが、ユニバーサルドックにぴったりフィットします。
    


続きを読む...

BlogPeople People