2009年2月6日金曜日

iPhone デベロッパーズ クックブック

かごおたさんの記事で知ったんですが、「iPhone デベロッパーズ クックブックが2月12日に発売されます。


この本は、かのErica Sadun女史*の著作「The iPhone Developer's Cookbook」の邦訳版です。
# 「iPhoneハックの女王」と呼ばれているようです。

実は、Magicaはこの本の原書(PDF版)を持っているんですが、やっぱり洋書は読み難いっ、てことで邦訳版もポチってしまいました(^^;)。

ちなみに、内容的には、「iPhone SDKプログラミング大全」より一歩突っ込んだ、濃い内容になっています。
--- 「iPhone デベロッパーズ クックブック」の目次 ---
第1章 iPhone SDKの概要
第2章 ビュー
第3章 ビューコントローラ
第4章 Alerting Users*
第5章 基本的なテーブル
第6章 高度なテーブル
第7章 メディア
第8章 コントロール
第9章 人、場所、もの
第10章 サービスへの接続
第11章 Cover Flow プログラミング
---
# 「第4章」が英語なのはAmazonのデータが抜けてたから。

「大全」の方は、SDK(フレームワーク)を網羅的に解説することに主体が置かれていますが、こちらは、UI(ユーザーインタフェース)まわりのプログラミングテクニックの解説に主体が置かれています。

ページ数は385ページ(原書の場合)ですが、実にその半分以上が、View、ViewController、Tableといった、UIKitフレームワークの解説に費やされています。

「大全」と補完関係にある本、あるいは、「大全」の次へ進む補助となる本、といっていいでしょう。

iPhoneアプリ開発を志すものなら、1冊手に入れておいても損はありません。


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

関連する記事

0 コメント:

BlogPeople People