2008年12月31日水曜日

ブログ納め(^^)

本年のブログ納めでございます(^^)。

今年1年(実際には2ヵ月半ですが ^^;)、iPhone工房にお付き合いいただき、本当にありがとうございました。来年もよろしくお願いいたします。

では、よいお年を!
続きを読む...

ソフトバンク、iPhone用TV&バッテリーを東京の直営店で先行販売

10月末に発表のあった、iPhone 3G用バッテリー内蔵ワンセグチューナー「TV&バッテリー」ですが、東京のソフトバンク直営店限定(表参道、六本木、八重洲中央口)で、本日より先行販売が始まっているようです。

残念なことに、他の地域・店舗での販売は、年明け1月以降で、はっきりした日程はまだ不明だとか。

東京じゃなぁ。Magicaには手の出しようがありません。東京近郊の方、よろしければどうぞ(^^)。

ただし、ワンセグ視聴に必要なアプリのリリースは1月上旬とのことなので、当面、外付けバッテリーとしてしか使えませんが(^^;)。

続きを読む...

iPhoneの日付が2009年に(^^;)

価格.com 口コミ掲示板の書込みからですが、一昨日(12/29)以降、iPhoneの一部のアプリで、日付が1年進んで表示(記録)される、という問題が発生しているようです。

2009/1/3 追記
一部のアプリ(カメラ等)で、年明けが2日ほど早かっただけ(^^;)のようです。現在は正常な状態に戻ってます。

Magicaも、さきほどiPhoneのカメラで写真を撮ってExif情報を見てみたんですが、ものの見事に撮影日 2009年12月31日と表示されました(^^;)。
# JPEGファイルの作成日も2009年12月31日になってますね。


ちなみに、iPhoneの日付設定自体は正しく、2008年12月31日になっています。また、問題の出ないアプリもあります。


今のところ、問題が確認されているのは、
  • カメラ
  • iBlogger
ですが、他にもあるかもしれません。皆様、お気をつけください。
# 年末年始、iPhoneのカメラで写真撮影を予定されてる方は特に。

続きを読む...

3G回線でiTunesの曲が購入できるようになるかも?

Macお宝鑑定団 blogの記事からですが、将来、iPhone 3GでiTunesの楽曲を、3G回線接続で購入・ダウンロードできるようになるかもしれません。

上記記事によれば、
“Appleは、iPhone 3Gから、3G回線からiTunesにアクセスして、楽曲のダウンロードが可能になるよう各メーカーと交渉を行っているようです。”
とのことで、つまり、現在、3G回線接続でiTunesの楽曲が購入できないのは、iTunes側の技術的な制約とかではなく、コンテンツホルダー側(レコード会社とか)の都合だったようですね。

そりゃそうか。技術的に考えれば、アプリやPodcastがダウンロードできて、楽曲はダウンロードできないはずは無いですからね。

ちなみに、
“交渉が行われている国は、かなり限られているようで、その中に日本は含まれていないようです。”
あ、やっぱり(^^;)。まぁ、iTunes Music Storeがオープンする時でさえ、相当すったもんだがあったわけだし、いまだに某有名レーベルは参加してませんからねぇ。

当面、日本のユーザーにとっては関係の無い話ですが、海外での3G配信が始まれば、いずれ日本にもその波はやってくるでしょうから、期待して待つことにしましょう。

続きを読む...

2008年12月30日火曜日

Bloggerに「続きを読む」リンクを導入する方法

以前の記事「関連記事リストを追加してみた」で、BloggerのTips的なものを書いたので、iPhone工房に導入している、他のBlogger Tipsも少しずつまとめてみることにしました。

今回は、“「続きを読む」リンクを導入する方法”です。

Bloggerには、他のブログによくある、記事一覧ページでは記事の先頭(要約)部分のみ表示し、「続きを読む」リンクで記事個別ページ(全文表示)へジャンプする、といった構成が標準ではサポートされていません。

もっとも、Bloggerの投稿フォームや設定フォームではできない、というだけで、Bloggerのヘルプに一応やり方は載っています。

ただし、このヘルプに記載されている方法には、
  • 常に「続きを読む」リンクが表示されてしまう(続きがなくても)
  • 記事の「続き」の部分をいちいち“<span class='fullpost'>...</span>”で括らなければならない
という問題点があります。

このうち、1番目の問題点“常に「続きを読む」リンクが表示されてしまう”を改善した方式をここで説明します。
# ここで説明するのはレイアウトテンプレートでの組み込み方です。クラシックテンプレートの場合は、Bloggerのヘルプを参照して、適宜読み替えてください。
  1. Bloggerの[設定]-[アーカイブ]で「投稿ページ」を有効にします。
    # 普通は有効になっているはずですが、念のため。

  2. テンプレートに「続きを読む」リンク用のタグを追加する
    Bloggerの[レイアウト]-[HTMLの編集]ページで、[ウィジットのテンプレートを展開]にチェックを入れ、テンプレートを以下のように変更します。変更箇所は2箇所あります。

    一つ目は、「続きを読む」リンク用のスタイルシートです。普通、スタイルシートはHTMLヘッダー部(<head>...</head>)に入れるのですが、別のテンプレートに変更した場合でも引き継がれるように、「ページヘッダー」ガジェットの中に入れています。
    <b:widget id='Header1' ... type='Header'>
    ・・・
    <b:includable id='main'>
      <!-- add by Magica -->
      <style>
      <b:if cond='data:blog.pageType == "item"'>
        span.fullpost {display:inline;}
      <b:else/>
        span.fullpost {display:none;}
      </b:if>
      a.readmore {visibility:hidden;}
      </style>
      <!-- /add by Magica -->

      <b:if cond='data:useImage'>
    上のように、<b:widget id='Header1' ... type='Header'>タグの下の最初の<b:includable id='main'>タグの直下に、斜体字のコードを挿入します。

    二つ目は「続きを読む」リンク表示用のコードです。
    <b:includable id='post' var='post'>
    ・・・
    <div class='post-body entry-content'>
      <data:post.body/>
      <!-- add by Magica -->
      <b:if cond='data:blog.pageType != "item"'><br/>
        <a class='readmore' expr:href='data:post.url'>続きを読む...</a>
      </b:if>
      <!-- /add by Magica -->

      <div style='clear: both;'/> <!-- clear for photos floats -->
    上のように、<data:post.body/>タグの直下に斜体字のコードを挿入します。

  3. 「続きを読む」リンク表示切替用のJavaScriptを追加する
    Bloggerの[レイアウト]-[ページ要素]ページで、HTML/JavaScriptガジェットを追加して、下のJavaScriptコードを「ブログの投稿」ガジェットの下に追加します。
    <!-- ReadMore begin -->
    <script language="javascript" type="text/javascript">
    <!--
    {
        var elms=getElements(document.body,"div","post-body");
        for(var i=0; i<elms.length; i++) {
            var e=elms[i];
            var es=getElements(e,"span","fullpost");
            if(es.length>0) {
                var er=getElements(e,"a","readmore");
                if(er.length>0) {
                    if(document.documentElement.getAttribute("style") == document.documentElement.style) {
                        er[0].style.visibility="visible";
                    } else {
                        er[0].setAttribute("style","visibility: visible;");
                    }
                }
            }
        }
    }

    function getElements(elm, tagName, className){
        var arRslt = new Array();
        var elms = (tagName == "*" && elm.all)
                        ? elm.all : elm.getElementsByTagName(tagName);

        className = className.replace(/\-/g, "\\-");
        var re = new RegExp("(^|\\s)" + className + "(\\s|$)");

        for(var i=0; i<elms.length; i++){
            var e = elms[i];      
            if(re.test(e.className)){
                arRslt.push(e);
            }  
        }
        return arRslt
    }

    //-->
    </script>
    <!-- ReadMore end -->
    #このスクリプトは“Bloggerに「関連記事リスト」を。”で使われているスクリプトを参考にしています。

  4. 記事の「続き」の部分を“<span class='fullpost'>...</span>”で括る
    例えば、
    記事の要約です。
    <span class="fullpost">残りの本文です。</span>
    のようにします。
これで、記事一覧の表示時には、記事の要約(“<span class='fullpost'>...</span>”で括られて無い部分)と「続きを読む」リンクが表示され、「続きを読む」リンクをクリックすると、個別記事ページで記事の全文が表示されるようになります。

記事一覧で全文を表示したい場合は、単に“<span class='fullpost'>...</span>”を使わずに記事を投稿するだけです。この場合、Bloggerヘルプで説明されている方法とは違って、「続きを読む」リンクも表示されません。

なお、2番目の問題点「いちいち“<span class='fullpost'>...</span>”で括らなければならない」については、うまい解決方法が見つかっていないのですが、「投稿テンプレート」に“<span class='fullpost'></span>”を設定しておくことで、ある程度は軽減されます。

続きを読む...

VajaもiPhone nano用ケースを発売?


MacRumorsの記事によれば、あのVajaまでもが、iPhone nano用ケースをサイト上のプロダクトリストに載せてしまいました(・_・)。

さすがに、ここまでくると、あの噂は本当のことだと考えるのが妥当なようです。

まぁ、噂が本当だったとしても、2Gのみで3Gは非対応、という話なので、いずれにせよ、日本で販売されることはまず無いでしょうけどね。

もっとも、アプリ開発者としては、出る以上、対応を考えざるを得ないわけで・・・。あうぅ、勘弁して欲しい(;_;)。
# つーか、実機テスト、どうすりゃいいんだ・・・。

ちなみに、Vajaのサイトで、「iPhone nano」をクリックしても、"Sign up for the upcoming release of our iPhone nano cases."という登録フォームが表示されるだけで、XSKNのサイトのような商品ページは表示されません。

このフォームで登録しておけば、iPhone nano用ケースのリリース時に通知してくれるそうです。

続きを読む...

2008年12月29日月曜日

fladdictがiPhoneアプリ売上結果を公開

ToyCameraやLiquidPicsの作者が、かねてからの公約どおり、自身のアプリの売上結果をブログで公開しています。iPhoneアプリ開発者(特に個人デベロッパー)必読の記事です。

fladdict:iPhoneアプリって結局儲かるの?

上記記事の内容を見ると、国内市場のみだと、個人デベロッパーであっても、iPhoneアプリ開発だけで食っていくのはかなり難しそうです。

国内市場のみの場合、トップ10ランキング入りを2週間程度果たして、1万本くらいの売上、ということなので、結局、iPhoneアプリ開発だけで食っていくためには、ランキング入りを果たせるアプリを、数ヶ月単位でリリースしていかないとダメっぽいですね。

う~ん、思ったより厳しいなぁ。やはり、iPhoneアプリは、世界市場への展開を狙わないとダメなんだろうなぁ。とはいえ、世界市場となると、どうやってプロモーションすればいいのやら・・・。

後、上の記事で言及されている「広告としてのiPhoneアプリ」という方向もよさそうですね。米国では既に、無料アプリを広告媒体として使用する広告配信サービスが立ち上がっているようですし。

ただ、広告媒体として使う場合は、とにかく数が捌けないとだめですから、有料アプリよりは数が出やすいとはいえ、弱小個人デベロッパーにとっては、やっぱりしんどいのは変わり無さそうです(^^;)。

続きを読む...

2008年12月28日日曜日

早々とiPhone nanoのクローンが登場・・・て、おい(^^;)

AppleInsiderの記事によれば、iPhone nanoのクローンが、(オリジナルがまだ発表すらされていないのに)既にタイで販売されているそうです。いくらなんでも早すぎないかい?


ご丁寧に、背面には、アップルマークと“iPhone”のロゴまであるそうで、ぱっと見、本物と見分けが付かないようです。
# て、本物はまだ出てないけど(^^;)。


ただ、ホームボタンとタッチスクリーンとの隙間が、クローンは本物(というか、XSKNのiPhone nano用ケース)より広いらしく、そこで見分けが付くようです。


XSKNのケースでは、ホームボタンはタッチスクリーンの縁ギリギリに配置されていますが、クローンの方は、ホームボタンとタッチスクリーンの間が結構開いています(写真では分かりにくいですが)。

こんなしろものが登場するということは、やっぱり本当に販売されるんでしょうかね、iPhone nano。にしても、オリジナル登場前にクローンが出回るというのもなぁ・・・。

続きを読む...

Air jacket set for iPhone 3G Shinsaibashi version

例の、御当地エアージャケットですが、せっかくだから記念にと、アップルストア心斎橋で「心斎橋バージョン」を買ってきました。

て、実は買ったのは22日なので、もう一週間前のことなんですよね。にもかかわらず、いまだにパッケージを開けてすらいないという。

いや、ちゃんとレビュー用に写真を撮って、とか思っているうちに、他にもやることが色々あって、年の瀬も押し詰まってきたことだし・・・(^-^;)。

とりあえず、パッケージのままの写真を一枚。そのうち、ちゃんとレビューするでしょう、多分。
# もう一つの理由として、Magica愛用のケース CapsuleNeoの脱着が面倒くさい、というのもありますが。

続きを読む...

2008年12月27日土曜日

AT&TがiPhone 3Gを$99で販売

MacRumorsの記事からですが、米国AT&Tが、iPhone 3Gを期間限定で、$99で販売するそうです。

もっとも、新品というわけではなく、"refurbished" だということですので、日本語で言えば、「調整品」というやつですね。

「調整品」というのが何かご存じない人のために説明しますと、初期不良交換や修理交換でショップからメーカーに返品された製品を、必要に応じ修理、調整、検査して、新品同様に整備した製品のことです(整備調整品や整備済み品と呼ぶ場合もあります)。

主に、修理交換やバッテリー交換時の交換品として使われますが、期間限定でアップルストアや特定のショップで販売される場合もあります。

日本でも、MacやiPodの調整品がアップルストアで販売されたことがありますし、社員向けに格安で放出されるケースもあるようです。
# 実は、Magicaが最初に入手したMac(もう10年以上前の話ですが)も、この調整品だったりします。

AT&Tでは、8GB版が$99、16GB版が$199と、各々、通常価格より$100オフの価格で販売されるそうです。

日本でも是非やって欲しいですねぇ。

続きを読む...

関連記事リストを追加してみた

iPhone工房にも、他のブログでよく見かける「関連記事リスト」を追加してみました。各記事の個別ページで、記事の後ろに関連しそうな記事へのリンクが表示されます。

ところで、Bloggerを使用している人ならご存知でしょうが、Bloggerには「関連記事リスト」を自動生成するような機能は用意されていません。では、どうやったのかと言うと・・・。

世の中には似たようなことを考える人は必ずいるもので、ググれば大抵、解決策(あるいはそのヒント)が見つかるものです。

今回も、Googleで検索して見つけた、下記ページを参考にさせていただきました。このページでは、記事に付けられたラベルを基に、BloggerのGDATA APIを利用して関連記事を検索し、一致するラベルの数・投稿日でソートして表示する、という方法を採用しています(いわゆるAJAXの手法ですね)。

組み込み方等、詳細については記述されていませんが、「気になる方はこのページなりJavascriptなファイルなりを参照して下さい」とのことでしたので、遠慮なく、参照して一部手直しの上、利用させていただきました(^^)。この場を借りてお礼申し上げますm(__)m。

さて、ここで、簡単に組込み手順を説明しておきます。興味のある方は参考にしてください。
  1. 関連記事リスト作成用のJavaScriptを入手する
    このページのソースを表示して、
    <!-- InsertRelativeLinks begin --> から
    <!-- /InsertRelativeLinks end --> までを
    テキストファイルにコピーし、適当な場所にセーブしてください。

    もしくは、上のページを参照して、InsertRelativeLinks.jsファイルをダウンロードしてください。
    # ただし、オリジナルのスクリプトは、ラベルで絞り込んだ記事が1件のみの場合、一覧ページでも関連記事リストが表示されます。必要に応じて修正して下さい。

  2. テンプレートに関連記事リスト表示用のタグを追加する
    Bloggerの[レイアウト]-[HTMLの編集]ページで、[ウィジットのテンプレートを展開]にチェックを入れ、テンプレートを以下のように変更します。
    <b:includable id='comments' var='post'>
    <div class='comments' id='comments'>
    <a name='comments'/>
    <!-- add by Magica -->
    <div>
    <h4>関連する記事</h4>
    <div class='sidebar' id='RelativeLinks'/>
    </div>
    <!-- /add by Magica -->

    <b:if cond='data:post.allowComments'>
    斜体字の部分が追加するタグです。挿入する場所は「id='comments'」で検索してください。

    なお、class='sidebar'となっているのは、関連記事リストのスタイルを、サイドバーのリストスタイルに合わせるためです。必要に応じて変更してください。

  3. 関連記事リスト作成用のJavaScriptをページの一番最後に追加する
    Bloggerの[レイアウト]-[ページ要素]ページで、HTML/JavaScriptガジェットを追加して、手順1でセーブしておいた、関連記事リスト作成用のJavaScriptをページの一番最後に追加します。

    ページの一番最後でないと、他のブログパーツ等と競合して、正常に動作しない場合がありますので注意してください。
これで、記事の個別ページに関連記事リストが表示されるようになります。

なお、ブログの閲覧者が「全てのユーザー」になっていないと、関連記事リストは表示されませんのでご注意を(GDATA APIが機能しないようです)。
# つまり、会員制とかの非公開のブログでは使えません。

続きを読む...

2008年12月26日金曜日

スクリーンキーボードの新しいジェスチャー?

MacRumorsの記事からですが、Appleが「Swipe Gestures for Touch Screen Keyboards」という新しい特許を申請したそうです。


どうやら、iPhone/iPod Touchのスクリーンキーボードでのジェスチャー操作に関するもののようで、スワイプダウンによりリターンキー、スワイプレフトにより1文字削除(デリートキー)、などがあるようです。


しかも、スワイプする指の本数で動作が異なるらしいです。例えば、指1本でのスワイプレフトは1文字削除ですが、2本だと単語削除、3本では1行削除になる等々。

いつごろiPhone/iPod Touchに実装されてくるか(そもそも実装されるのか)はわかりませんが、いずれにせよ、将来が楽しみなニュースです。

続きを読む...

「目指せ!iPhoneアプリ開発エキスパート」がいよいよ佳境に

以前の記事で紹介した、技術評論社の連載記事「目指せ!iPhoneアプリ開発エキスパート」が、いよいよ佳境に入ってきたようです。

第4回 初めてのプログラミング」と題して、本日から、実際のプログラミングの講習が始まっています。
# Interface Builderでアウトレットやアクションを作ることもできるんですね。知らなかった(^^;)。

一つ前の記事で紹介したマイコミジャーナルの特集記事「iPhoneアプリケーション開発入門」とあわせてどうぞ(^^)。

続きを読む...

特集記事「iPhoneアプリケーション開発入門」を読んでみた

既に、「iPhone 3G Wiki blog」や「もとまかのiPhone・iPod touch戯れ日記」、「かごおた」など、いくつかのブログで取り上げられているので、ご存知の人も多いでしょうが、かのHMDTの木下さんが、マイコミジャーナルで特集記事「iPhoneアプリケーション開発入門」を書かれています。

Magicaも早速、読んでみました。

さすが、「たのしいCocoaプログラミングの著者が書いた記事だけあって、実に分かりやすく、すんなり読み進められます。

もっとも、一冊の本と違って、わずか10数ページの特集記事ですから、内容的には、iPhoneアプリ開発のほんのさわりだけ、SDKの入手・インストールから簡単なサンプルのシミュレーターでの実行まで、をざっと述べる程度にとどまっています。
# 実機での動作確認方法についても一応記述はありますが、NDAの関係で詳しくは解説されていません。

また、オブジェクト指向やCocoaプログラミング特有の用語、「クラス」や「インスタンス」、「アウトレット」、「アクション」といったものも、サラッとしか触れられていないため、VBやPHPしか使ったことの無い人だと、若干消化不良気味になるかもしれませんね。

とはいえ、以前紹介した「Mac Fan 12月号・1月号の特集記事」と同様、iPhoneアプリ開発の大体のイメージは十分につかめるでしょう。これから、iPhoneアプリ開発を考えている人は、是非読んでおきましょう。

ちなみに、オブジェクト指向やCocoaプログラミングが始めてという人は、前述の「たのしいCocoaプログラミングを合わせて読むのがオススメです。

その後は、来年初頭発売の「iPhone SDKプログラミング大全で、さらなるiPhoneアプリ開発の世界へ邁進することといたしましょう(笑)。


ところで、この特集記事では、実機での動作確認手順の部分、つまり、Program Portal内の話に関しては、NDAの制約のため詳しく述べられて無いのですが、「Mac Fan 1月号の特集記事」では、実機での動作確認手順について、Program Portalのスクリーンショット付きで解説されてるんですよね。

Magicaはそれ(Mac Fan 1月号の特集記事)を見て、作業手順の解説程度なら、NDAの制約にはかからないのかな、と思っていたんですが・・・。う~ん、実際のとこ、どうなんでしょうね?


続きを読む...

公衆無線LANし放題で自動接続

昨日、ソフトバンク(157)から、「iPhone 3Gのオススメ情報!」として“「公衆無線LANし放題」がさらに便利に!”というSMSが届きました。

そーいや、12月から自動接続できる予定だったんだっけ。すっかり忘れてた(^^;)。


で、まだ実際には試してませんが、ソフトバンクのウェブで設定方法とか見てみると・・・。


なんだ、ブラウザのクッキーを使った自動認証(自動ログイン)に対応しただけなんだ。これじゃ、自動接続できるのはSafariのみで、メールとか他のアプリだとダメじゃない(一度Safariを立ち上げないとダメですね)。

自宅の無線LANと同様、BBモバイルポイントのエリアに入れば、特に何もしなくても、(Safariだけでなく)メールやYouTubeとか使えると思っていたのに、少し残念。

でもまあ、いちいち、ID・パスワードを入れなきゃならない(ていうか、憶えておかなきゃならない)のに比べたら、だいぶ楽にはなりますね。

とりあえず、BBモバイルポイントのエリアに入ったら、まずは、Safariを起動しましょう(^^)。
# でも、ということは、つまり、・・・iPhone以外でも(^^;)。

続きを読む...

2008年12月25日木曜日

Wi-Fi(無線LAN)環境下での3Gパケット通信

知ってる人は知ってると思いますが、iPhoneは、Wi-Fi(無線LAN)環境下であっても、なぜか3G回線を使ったパケット通信を、断りも無くやってくれることがしばしばあります。

おかげで、ほぼ常時、Wi-Fi環境下にいたとしても、全然パケット代が節約できない、という悲しい状況に陥ります(^^;)。

なぜそんなことになるかと言えば、iPhoneはバッテリー駆動時は、スリープ(スクリーンロック)状態に入ると、バッテリー節約のために、Wi-Fiをオフにして3G回線による接続に、自動的に切り替わるようになっているからなんです。

スリープ解除時に、再度Wi-Fiへの自動接続が行われるのですが、この時、タイミングによっては、3Gパケット通信してしまう場合があるようです。
# スリープ解除直後は「3G」と表示されその後、Wi-Fiの扇マークに変わるのを見たことのある人も多いでしょう。

特に、プッシュやフェッチを有効にしていると、スリープ中のプッシュ・フェッチ処理は、3G回線経由で行われるため、あっという間にパケット定額の下限はおろか上限に達してしまいます。

この問題を何とかして、パケット代を節約する方法としては、以下のようなものがあります。
  1. プッシュ・フェッチをオフにする
    どの程度効果があるか疑問。プッシュ・フェッチ以外にも、色々勝手に通信してくれるみたいなので。特に、下限内に収めるのは難しそう。

  2. 自動スリープを無効にする
    Wi-Fiの電波が安定した環境なら効果が期待できそうだが、バッテリーがどの程度持つかが問題。

  3. 常にACアダプターに接続して使用する
    これも上と同様、安定したWi-Fi環境なら効果が期待できそう。でも、バッテリーの寿命が縮みそうだし、紐付きでは使い難そう。

  4. 設定で3Gをオフにする
    十分な効果が期待できるが、いかんせん、日本でこれをやると電話すら使えなくなる。

  5. APN Disablerを使って3Gパケット通信を無効化する
    これが一番ですかね。3Gパケット通信は完全に遮断されるし、電話とSMSは普通に使えるし。

    ただし、スリープ中は通信できなくなるため(Wi-Fiはオフになるため)、プッシュやフェッチは事実上使いものにならなくなります。

    また、外出時とか、いちいちAPNを有効化してやらないと通信できません(もちろん、戻ってきたら、再度無効化する必要があります)。面倒くさいんですよねぇ(^^;)。

    参考リンク:
    APN Disablerの使い方
    apn-disabler.mobileconfigをダウンロード

結局、ものぐさのMagicaは、パケット代節約はあきらめて何の対策も採ってません(^^;)。

続きを読む...

2008年12月24日水曜日

iPhone nanoの噂・・・本当に出すの?こんなもの(^^;)


来年初頭のMacworldを控えて、iPhone nanoの噂で盛り上がっているようですが、本当にアップルはこんなものを出すんでしょうか?

Magicaとしては、この噂、あえて無視、というか「見ないふり」をしてきたんですが、こうあちこちのブログでとりあげられると、さすがに気になってしまいます(^^;)。


なんで「見ないふり」をしてきたかと言うと、開発者なら分かると思いますが、「え゛!? 画面ちっちゃくなるの? UI設計し直さなきゃぁ。勘弁してよぉ」、なんですよね(^^;)。

たとえ解像度が同じであっても、物理的なサイズが小さくなると、同じUI(画面構成とか)でちゃんと使えるのか、という問題が出てきますから。
# 文字が小さくて読み難くなるとか、ボタンとかがタッチし難くなるとか。

まして、上のケースデザインの写真や下のコンセプト写真を見ると、どうも、物理的なサイズだけではなく、解像度まで小さくなりそうな感じもあるし。
# そうなると、ボタンとかが画面の外にはみ出して・・・。


さらに、噂どおり、2Gのみで3Gには対応しない、となると、日本では販売されないでしょうから、大手はともかく、日本の零細企業や個人デベロッパーにとっては、実機での動作確認さえ困難、ということになりかねないですし。

そうなると最悪だなぁ。

まあ、iPhone nanoの発売により、マーケットが大きくなる、というのは歓迎すべきことなのですが、設計・製作の手間が大きく膨れ上がりかねない、というのを考えると・・・(^^;)。

参考リンク:
・英語の記事
More iPhone Nano Case Design Photos/MacRumors
iPhone Nano Concept Photo?/MacRumors
More Hints of an 'iPhone Nano' from Case Manufacturers/MacRumors
iPhone Nano Rumors Revived in Otherwise Quiet Lead-in to Macworld/MacRumors
Rumor: Case manufacturer drawings show smaller iPhone 'nano'?/TUAW
・日本語の記事
iPhoneを小型化した「iPhone nano」の画像!?/iPhone・iPod touch ラボ
ケースメーカーXSKNのサイトにiPhone Nanoのカテゴリが!/iPhone.Walker
XSKN、「iPhone Nano」用シリコンケースを公開、販売開始/APPLE LINKAGE

続きを読む...

MobileMe、今月2度目のアップデート

先日(12/16)、アップデートされたばかりのMobileMeですが、昨日付けで、またアップデートされたようです(TUAWの記事より)。


今回のアップデートでは、連絡先検索時のパフォーマンスの改善や、vCardエクスポート時の互換性の向上、カレンダーでToDoリストをソート可能に、など、細かな改善が行われているようです。

日本のユーザーにとっては、iDiskのフォルダ名/ファイル名で日本語をサポート、というのが一番大きな改善項目でしょう。
# 今まで日本語のファイル名は文字化けしてたみたいですね。

あと、「2週間ログインし続ける」が、ようやくまともに機能するようになったみたいです。

詳しいアップデート内容については、アップルのウェブサイトを参照してください。

最近は、MobileMeもずいぶん落ち着いてきたようで、以前のようにiPhoneへのプッシュ同期が勝手に止まってしまう、ということもなくなりました。ようやく人様にお奨めできるサービスになってきたようです(^^)。

アップルストアでMobileMeを購入

続きを読む...

2008年12月23日火曜日

iPhoneのバックアップ履歴

iTunesで、iPhoneをバックアップから復元する時に、最新のバックアップの他に、いくつかのバックアップ履歴から選べるようになっていますが、この「バックアップ履歴」は、いったいどのタイミングで作成されているんでしょうか?

バックアップのたびに履歴が作成されている、というわけでは無いようですし、かといって、月単位や週単位でも無さそうですし・・・。

で、調べてみたところ、どうやら、2ヶ月に一回、月(偶数月?)の最初のバックアップのタイミングで、履歴が作成されているみたいです。

MagicaのiTunesで表示されるバックアップ履歴は
  • Aug 5, 2008 5:03 PM
  • Oct 9, 2008 1:11 PM
  • Dec 1, 2008 2:19 AM
となっています。

最初は、iTunesをバージョンアップしたタイミングか、iPhone OSのバージョンアップのタイミングかと思ったのですが、iTunesをバージョンアップしたのは、
  • 7.71が2008/08/03
  • 8.00が2008/09/12
  • 8.01が2008/10/04
  • 8.02が2008/11/21
だし、iPhone OSをバージョンアップしたのは、
  • 2.01が2008/08/05
  • 2.02が2008/08/20
  • 2.1が2008/09/12
  • 2.2が2008/11/21
なので、全然合致しません。

バックアップ履歴の作成方法

バックアップフォルダをリネームしてやれば、任意の時点のバックアップ履歴を作成することができます。たとえば、バックアップフォルダ名 "76ef05...fecc00003" の後ろに、日付時刻を追加して、"76ef05...fecc00003-20081223-081500" とかにリネームしてやります。

この状態でiPhoneをバックアップすれば、バックアップフォルダが新たに作成され、最新のデータはそこにバックアップされます。リネームしたフォルダは、バックアップ履歴として「バックアップから復元」時のバックアップ履歴の一覧に表示されます。

ただし、このままでは、バックアップ履歴の一覧に、同じバックアップ名が二つ表示されてしまいます。並び順で、大体判別はできますが、紛らわしいので、リネームしたバックアップフォルダ内のInfo.plistを書き換えて、バックアップ名を変更しておくのがいいでしょう。
- Info.plist -
<key>Display Name</key>
<string>Magica の iPhone</string>

- Info.plist -
<key>Display Name</key>
<string>Magica の iPhone - Dec 23, 2008 8:15 AM</string>
とかに変更しておきます。
# Info.plist内の他の部分は決して変更しないように。

こうやって作成した、バックアップ履歴からリストアしてみましたが、特に問題なくリストアでき、動作も問題ないようです(今のところ)。

ついでに、iPhoneのバックアップデータの保存先(バックアップフォルダの親フォルダ)は以下の通りです。

- Windows XP -
C:\Documents and Settings\(ユーザー名)\Application Data\Apple Computer\MobileSync\Backup

- Windows Vista -
C:\Users\(ユーザー名)\AppData\Roaming\Apple Computer\MobileSync\Backup

- Mac OS X 10.5 -
/Users/(ユーザー名)/Library/Application Support/MobileSync/Backup

続きを読む...

2008年12月22日月曜日

街を歩く女の子を振り向かせるアプリ・・・て?

街を歩く女の子を振り向かせるアプリ「FB-GIRLs」を試す」(Macお宝鑑定団Blog)という記事のタイトルを見て、リアルで女の子を振り向かせるアプリ、を想像してしまったのは、Magicaだけでしょうか?(Magicaだけですよね、はい ^^;)。

て、ゲームだったんですね、これ。なんだぁ、がっかり(おいおい ^^;)。

あー、ゲームの内容については、上のMacお宝鑑定団Blogの記事を参照してください。


ちなみに、このアプリ、結構重くて反応が鈍いです。タップしてもすぐには反応しないので、あれ?と思ってへんなとこをタップしたりすると、


と、なります(^^;)。クリアするより、こっちの方が面白かったり。

FB-GIRLsFB-GIRLsを購入

続きを読む...

2008年12月21日日曜日

iPhone 3G用バッテリー交換キット

いずれ出るだろうとは思っていましたが、iPhone 3G用のバッテリー交換キットが既に販売されているようです(iPhone FAN (^_^)v の記事より)。
# もちろん、純正品ではありません。


交換工具付き、ということで、一応、オープナー専用工具が2本付属しています(説明書は無し)。

ただし、Tech-On!のiPhone 3G分解記事などを読めば分かりますが、フロントカバーを外すだけでも相当に難しそうです。その上、20本ものねじを外してメイン基盤を外さなければ、バッテリーにアクセスできないとか。もう、自爆するくらい面倒くさそうです(^^;)。

とどめに、iPhone 3Gのバッテリーは、筐体に強力に接着されているらしく、苦労してバッテリーまでたどり着いても、簡単には交換できそうにありません(ていうか、本当に交換できるんでしょうか? ^^;)。

正直、よほどの物好き(かつ工作技術に相当の自身のある人)でなければ、到底お勧めできる商品ではありませんが、まあ、こんな商品もあるということで(^^;)。

ちなみに、当然のことですが、バッテリーを自分で交換すると、メーカー(アップル)の保証は受けれなくなります。また、交換に失敗してiPhoneを壊した場合は、おそらく全損扱いで修理を拒否されるでしょうから、新たに買い直さなければなりません(8GBで約7万円、16GBで約8万円)。

続きを読む...

2008年12月19日金曜日

MobileMeの効用(iPhone盗難対策?)

The Unofficial Apple Weblogに面白い記事が載っていました。タイトルは「iPhone thief thwarted by MobileMe sync」、MobileMeのおかげで、盗まれたiPhoneを取り戻すことができた、という内容です。

--- 上記記事より引用 ---
While at the dry cleaner one day, Rob's iPhone was stolen. He immediately chalked it up as gone forever, and proceeded to purchase a brand new one that same evening. It was the next day when unfamiliar contacts began to appear on the new phone. The (not-too-bright) thief was unwittingly supplying him with names and phone numbers of his or her closest friends, via the magic of MobileMe synchronization from the stolen phone to the cloud and eventually to his new phone. "It didn't take long for me to realize that MobileMe was leading me right to the thief!" wrote Rob.
------

盗んだiPhoneに、泥棒が自分の友人の名前や電話番号(連絡先情報)を入力したところ、MobileMe経由で、被害者の新しいiPhoneに同期されたそうです。で、そのことに気がついた被害者が、早速警察に連絡して、無事、盗まれたiPhoneを取り戻せたとか。

うーん、MobileMeに、こーゆー効用があったんですねぇ。にしても、この泥棒、MobileMeのことを知らなかったのでしょうか。結構間抜けというか(^^;)。
# MobileMeの同期機能て、案外知られて無いのかな?

でも、これって、逆に考えると、自分の(最新の)予定や連絡先情報が、MobileMe経由で泥棒に筒抜けになる恐れがある、てことですよね。

もし、MobileMe同期を設定してあるiPhoneを盗まれたりした場合は、
まず、すみやかに、
  • PCのMobileMe同期設定を解除する
  • MobileMeのWebでカレンダー・連絡先を全て削除する
そして、しばらくの間、
  • 泥棒が入力した連絡先情報が届くのを待つ
というのがいいかも。

うまくいけば、連絡先やスケジュールの漏洩も阻止できるかもしれないし、iPhoneの盗難対策に使えそうですね。

あ、もちろん、MobileMe同期の利用を再開する前に、パスワードを変更するのは言うまでもありません。
# 盗まれたiPhoneからの情報が届くのを待ってる間は、パスワードを変更しちゃいけませんよ。

アップルストア:MobileMe_パッケージ版

続きを読む...

2008年12月18日木曜日

Mac Fan 1月号の「非開発者向け iPhoneアプリ開発講座」

今さらですが、Mac Fan 1月号(今月号)の特集記事「非開発者向け iPhoneアプリ開発講座」と、同12月号(先月号)の「非開発者向け iPhone SDK講座」を読んでみました。


どちらも「非開発者向け」となっていますが、(iPhoneアプリ開発経験の無い又は浅い)開発者にとっても十分役に立つ内容です。

12月号の「iPhone SDK講座」の方は、iPhoneアプリ開発の概要、SDKの入手からアプリ販売までの手順をざっと説明しており、1月号の「アプリ開発講座」では、もう少し突っ込んだ開発手順、SDKの各種ツールの使い方、などを解説しています。

特に1月号では、SDKのサンプルを元に、iPhoneアプリの製造からシミュレーターでの動作、さらには実機での動作確認までの手順を、実際に体験できるように書かれています。これからiPhoneアプリを作ってみようと考えている人は、目を通しておいた方がいいでしょう。

また、12月号では、いち早くiPhoneアプリ市場に参入した、日本人デベロッパー4名のインタビュー記事が載っています。App Storeでのアプリ販売を目指している人は、読んでおいて損はありません。

もっとも、両方合わせて20ページも無い特集記事ですので、さすがにこれを読んだだけで、アプリの開発ができるわけもありませんが(プログラミングに関しては一切触れられていませんし)、開発手順の概要を把握するにはなかなかに役に立ちます。

来年初頭に発売予定の、初の日本語によるiPhone開発本「iPhone SDKプログラミング大全」までの繋ぎとして、12月号・1月号合わせて読んでおくのもよろしいかと(^^)。

Mac Fan (マックファン) 2008年 12月号 [雑誌]
Mac Fan (マックファン) 2009年 01月号 [雑誌]

続きを読む...

Internet Explorerの緊急パッチ

iPhoneとは関係ない話題ですが、Internet Explorerの脆弱性修正プログラム「MS08-078」が本日、緊急でリリースされています。

先日、12月度の月例パッチをインストールしたばかりなのに、自動更新の通知があったので、いったい何だろうと見てみると、説明が英文だし(^^;)。

翻訳するのも面倒くさいんで、重要なパッチなら、Impress Watchあたりに記事があるだろうと探してみるとうーん、かなりやばい脆弱性のようですね。既に攻撃が始まっており、しかも拡大傾向にあるらしい。早々、Magicaもアップデートしました。

全てのバージョンのInternet Explorerに影響があるらしいので、Internet Explorerを使用している人は、すぐにアップデートした方がいいですよ。
# ちなみに、このブログのIEの比率は37%です。Firefoxが29%、Safariが26%となってます。

ここんところ、iPhoneばかりにかまけてて、Windows関係の情報をほとんどチェックしてなかったんですが、こんなやばい脆弱性が出てたとは。全然知らなかった(^^;)。いかんいかん。

他はともかく、脆弱性情報だけでもチェックしとかないとダメですねぇ~。

続きを読む...

2008年12月16日火曜日

MobileMe、アップデートで即時同期可能に

本日、Mac OS X 10.5.6アップデートがリリースされましたが、それに合わせて、MobileMeもアップデートされています(The Unofficial Apple Weblogの記事より)。

2008/12/19 修正
アップルストアへのリンクを修正


このアップデートにより、カレンダー・連絡先・ブックマークを、iPhoneの場合と同様、MacとMobileMe(www.me.com)間でも、ほぼ即時に同期できるようになりました(従来は約15分間隔での同期)。

実際、MagicaのMacで試したところ、iCalに入力したイベントが、数秒でMobileMe(www.me.com)とiPhoneのカレンダーへ反映されました。

他にも安定性の向上などの修正が行われているようです。MacユーザーでMobileMeを使用している人は、すぐに OS X 10.5.6へアップデートしましょう(^^)。

なお、残念ながら、Windows版のMobileMeは、まだ上記アップデート(即時同期)には対応していないようです。

アップルストア:MobileMe_パッケージ版

続きを読む...

2008年12月15日月曜日

iPhoneユーザー向け無線LANルーター販売開始

以前からアナウンスされていた、既存iPhoneユーザー向け無線LANルーター BLW-54CW3-Sの特別価格での提供が、ソフトバンクオンラインショップで開始されています(iPhone研究室の記事より)。


価格は2,980円(税込)で、オプション品なので別途送料が525円必要です。なんだか思ったほど安くないですね(^^;)。Amazonだと同じ価格で送料無料なので、単品で購入する場合は、Amazonで買った方がいいかも。

ちなみに、このルーター、「YouTube動画を無線LAN環境でスムーズに再生する方法」で書きましたが、802.11b固定モードの設定が可能です。

iPhoneのみで使う場合は、802.11b固定モードに設定して使うのがお奨めです。YouTube動画の再生品質(再生のスムーズさ)が大幅に向上しますよ。

続きを読む...

2008年12月13日土曜日

国際スパムFAXて、おい(^^;)

先ほど、アメリカから英文のFAXが届きました。アメリカの投資会社からの資金提供に関する打診のようで、よーするにスパムFAXみたいなんですが・・・。

なんでアメリカの会社がうちのFAX番号を知ってるんだ?

App StoreでのiPhoneアプリ販売の準備として、先日、EIN(アメリカの雇用者番号)を取得したんですが、どうやらこの時の申請情報が出回ってるみたいですね。

あちらの事情はよく知りませんが、EIN取得者リストとかでも出回ってるんでしょうか? まあ、日本でも法人登記簿とかは、基本的に誰でも自由に閲覧できるし。それと似たような感じなんでしょうかね。

にしても、電子メールならともかく、海外から国際電話でスパムFAXが届くとは思わなかったぞ(^^;)。
# 個人情報て思わぬところから洩れるもんなんですねぇ。住所とかもあちらの業者に洩れちゃってんだろうなぁ。変な国際郵便、こなきゃいいいんだが。

続きを読む...

iPhone SDKプログラミング大全

iPhoneアプリ「駅探iconや「大辞泉iconを開発したHMDTの木下さんが、iPhone開発本「iPhone SDKプログラミング大全」を出すそうです。1月6日発売予定だとのこと。

いよいよ、日本語でのiPhoneプログラミング解説書の登場です。おそらく、日本語の解説書としては第1号になるでしょう。

ちなみに、HMDTの木下さんは、以前紹介した「たのしいCocoaプログラミング」の著者でもあります。今度の「iPhone SDKプログラミング大全」も期待できそうです。iPhone用アプリの開発を考えている人は、買ってみてはいかがでしょうか。

もっとも、著者によると「プログラミング初心者向けという訳ではない」そうなので、初心者がこの本でいきなり、というのは辛いかもしれません。

Amazonで予約を受け付けています。Magicaももちろん、予約しました(^_^)v。届いたら簡単にレビューしますね。

続きを読む...

2008年12月12日金曜日

EPWING辞書ビューアー iDic

iPhone用の辞書ソフトも色々と充実してきましたが、Magicaは、EPWING形式の辞書(ビューアーはEBPocket)を愛用していまして、今までは、辞書引きの時には、EM-ONEαを引っ張り出していました。

先月の中頃に、iPhone用EPWING辞書ビューアー iDiciconがリリースされましたので試してみました。


使用感を簡単にまとめると「機能は少ないが、実用には十分。ただしインストール方法に若干難有り。」というところでしょうか。

検索機能では、前方一致、完全一致、後方一致の基本的な検索方法には対応していますが、条件検索、クロス検索、複合検索、メニュー検索には対応していません。

複合検索とメニュー検索に対応していないため、漢和辞典や百科事典は少々使い難いかもしれません。


また、一つのキーワードで複数の辞書をまとめて検索する、串刺し検索に対応しています。というか、串刺し検索しかできません。

検索対象辞書を指定できないため、常に全ての辞書の串刺し検索になってしまいます。キーワードによっては、検索結果から目的の単語を探すのが結構面倒だったりします(^^;)。


マルチメディア機能としては、動画の再生には対応していませんが、図版・写真の表示、音声の再生には対応しています。豊富な図版・音声データを含む、広辞苑やジーニアス英和のような辞書も有効に活用できます。

 


ただ、このアプリの最大の欠点は、辞書データのインストール方法が特殊、という点でしょう。アプリ自体には辞書データをインストールする機能が用意されておらず、また、iTunesを使って辞書データをインストールすることもできません。

辞書データをインストールするには、DiskAid(Mac/Windows)又はiFunBox(Windows)という、iPhoneのフラッシュメモリー内を直接操作する、特殊なソフト(フリーソフトです)を使用する必要があります。

Macで言えばFinder、Windowsで言えばExplorerに相当するソフトですが、iPhone上のファイルやフォルダーを直接操作するため、初心者にとっては少々敷居が高いかもしれません。

DiskAidを使用して、辞書データをiPhoneにインストールする手順を簡単に説明しておきます。以下の説明は、Windowsの場合ですが、Macの場合も同様の手順になるかと思います。
# 操作をミスると、iPhoneのデータ(音楽・動画・写真等)を破損する恐れがあります。念のため、iTunesで最新の状態をバックアップしてから操作した方がいいでしょう。

  1. iPhoneをPCに接続し、DiskAidを起動します。
  2. DiskAidウィンドウ左下のコンボボックスで「Media Folder」を選択します。


  3. フォルダーツリーで「Photos」フォルダーを選択します。


  4. [Create Folder]ボタンをクリックし「iDic」フォルダーを作成します。


  5. 先ほど作成した「iDic」フォルダーを開きます。


  6. [Copy Folder to Device]ボタンをクリックします。


  7. [フォルダの参照]ダイアログでコピーするEPWING辞書の入ったフォルダーを指定します。


  8. 辞書データのコピーが完了するまで待ちます(辞書の容量によりますが、かなり長いです)。


  9. コピーが完了すれば、DiskAidを終了して、iPhoneをPCから切断します。
これで、iPhoneでiDicを起動すれば、コピーした辞書を使用できるようになります。

なお、iDicはEPWING辞書を検索・閲覧するアプリであり、辞書データそのものは含まれていません。
# 一応、パブリックドメインのWebster's 1913(英英辞典)がサンプル的に付属してはいますが。

EPWING辞書データは別途入手(購入するなり他の形式の辞書から変換するなり)する必要があります。EPWING辞書データの入手方法・変換方法については、「EB series support page」が参考になります。

続きを読む...

BlogPeople People