2008年11月6日木曜日

もう一つの日本語キーボード“QWERTY”キーボードを使う

iPhoneで半角英字を入力する場合は、通常、英語キーボードを使うのですが、オートコレクト機能のおかげで、英語として正しくないスペルは1回では入力できません。

例えば、ローマ字で“naito”と入力しようとしても、画像のように“R”か“Y”しか選べず、“T”のキーが入力できません。

一旦“R”か“Y”を入力し、1文字削除してから“T”を入力する、といった手間をかけなければなりません。

しかし、もう一つの日本語キーボードである“QWERTY”キーボードを使えば、このような面倒からおさらばできます。

2008/11/23 追記
iPhone OS 2.2では、キーボード設定でオートコレクト機能(自動修正機能)をオフにすることができるようになりました。


“QWERTY”キーボードを使うためには、
[設定>一般>キーボード>各国のキーボード]
で次のように設定します。
  1. まず、英語キーボードをオフにします。
  2. 次に、日本語キーボードで“フルキーボード”をオンにします。
    “テンキー”はお好みで、オンでもオフでも好きな方を選んでください。
ようするに、フルキーボードを日本語キーボードだけにします。



これで、地球儀マークのキーをタップしてキーボードを切り替えると、スペースキーの部分に一瞬“QWERTY”と表示され、英語キーボードの代わりに“QWERTY”キーボードが使えるようになります。

[改行]キーが日本語で表示されていることから分かるように、このキーボードは日本語キーボードの一つです。英字モード(半角モード)の日本語キーボードとでも言えばいいでしょうか。


“QWERTY”キーボードなら、例の厄介な「オートコレクト」は働きませんので、画像のように、“naito”とそのまま続けて入力できます。

なお、年内にリリースされるという噂の、iPhone OS 2.2では、オートコレクトをオフにする設定が追加されるらしい、と言われています。
# よほど評判が悪かったんですかね>オートコレクト機能(^^;)。

関連する記事

0 コメント:

BlogPeople People