2008年10月13日月曜日

MobileMeの代わりになるもの

さて、しょっぱなからアプリ製作とは関係ない話で恐縮ですが、MagicaはMobileMeを使っています(トライアル中)。使う前は、別に無くてもいいけどとりあえずお試し、くらいに思ってたんですが、実際使ってみると、カレンダーや連絡先、ブックマークのリアルタイム同期がまあ、なんと便利なこと。もはや手放せないサービスとなってしまいました。

が、メールアカウントやウェブ、iDisk等の必要ないMagicaにとっては、少々コストパフォーマンスが悪い。で、何とかもっと安く(できれば無料で)同じ事ができないかと色々探しまくって試しまくってみたんですが、どれもいまいちで。結局、当面はMobileMeを継続するしかない、という結論になってしまいました。

とはいえ、せっかく色々調べて試したので、今後のために記録を残しておきます。

MagicaはWindowsとMac、そしてiPhoneとEM-ONEを使っています(EM-ONEは、ほぼ退役状態ですが)。だもんで、最低、Windows-Mac-iPhoneの3者間で双方向に同期できるサービスが必要になります。現在、単一のサービスでこれが可能なのは、どうやらMobileMeしかないようなのですが、複数のサービスを組み合わせて何とかならないかとやってみました(結論は上の通りですが ^^;)。

Plaxo
非常に多機能なサービスで、本来は友達と各種情報(?)を共有するためのサービスのようですが、本来の使い方は良くわかりません(^^;)。Windows、Mac両方とも、カレンダー・連絡先の双方向同期が可能です。

また、Googleカレンダー・GMail連絡先とも同期可能ですが、残念ながら現在はGoogle→Plaxoへの片方向同期のみで、かつ、同期されるのはデータの追加・削除のみです(内容の変更は同期されません)。

なお、PCとの同期は、OutlookやiCalが起動している場合のみ行われるようです。つまり、PCをリレーに使ってGoogleカレンダーとPlaxoカレンダーを双方向同期する、といった使い方は難しいです。
Googleカレンダー
Google Calender Syncを使えば、WindowsのOutlookカレンダーと双方向に同期できます。英語版のソフトですが、日本語も大丈夫です。

MacとはCalDAVアカウントをiCalに追加する方法で、双方向に同期できます。CalDAVでは日本語が文字化けするという話もあったのですが、Magicaの環境では問題ありませんでした(Google側で対応したのかな?)。

ちなみに、iCalにCalDAVアカウントを追加して作成されたカレンダーは、他のサービスと同期することはできないようです。少なくとも、Plaxoとは同期できませんでした。
GMail連絡先
Google Email Uploaderというのがありますが、Uploaderという名前の通り、PC→GMailへメールメッセージ・連絡先情報を転送できるだけです。現状、GMail連絡先とPCの連絡先を双方向に同期できるフリーのソフト・サービスは無いようです。
NuevaSync
iPhoneのカレンダー・連絡先とGoogleカレンダー・GMail連絡先を双方向に同期できます。また、連絡先に関しては、Plaxoの連絡先とも同期可能です。

ただし、カレンダーの過去イベントは、2週間程度前までしか同期してくれないようです。iPhone側は「全てのイベントを同期する」設定になってますので、NuevaSyncサーバー側の仕様のようです。NuevaSyncサイトには、特に設定項目も見つかりませんでしたし。

ちなみに、ブックマークをOTA(Over The Air)でリアルタイム同期するサービス・ソフトは(MobileMe以外に)見つけられませんでした。

以上の結果、考えたシナリオは、カレンダーはGoogleカレンダーをハブに、連絡先はPlaxo連絡先をハブにしてOTA同期、で、ブックマークは、しかたがないので、iTunesで有線同期。

なんですが、結局、
  • ウェブベースでのカレンダーと連絡先の使い勝手が悪い(2つのサイトに分かれるため)。
  • iPhoneで昔のカレンダーイベントを参照できない。
というのがネックになって、前述の通り、「MobileMe継続」という結論になりました。

関連する記事

0 コメント:

BlogPeople People